RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

食べて解消される?

2013.06.19 Wed
こんにちは

こんな時には、この食べ物!っていうのがありました。栄養以外に、こんな働きがあるんですねー。

1.ストレスフルなあなたには「ヨーグルト&ナッツ
ヨーグルトは必須アミノ酸のひとつリジンが豊富な食品のひとつだ。ナッツにはアルギニンが多く含まれる。リジンとアルギニンは人の抗ストレス性を向上させることが研究でも確認されている。1杯の低脂肪ヨーグルトにスプーン2杯のナッツが適量だそうだ。
 
2.悲しい気分には「ホウレンソウサラダ
緑色の葉の野菜にはビタミンB群が多く含まれる。ビタミンB群はセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなどいわゆる幸せを感じたときに分泌される「幸せホルモン」の生成に不可欠な栄養素である。
 
3.太ったなぁと感じたら「トリのムネ肉
トリのムネ肉は脂肪分が少なくタンパク質とエネルギーが豊富。また、お腹がふくれるだけでなく、筋肉を作り新陳代謝を促進させてくれる。ダイエット時の強い味方だ。ムネ肉のほか高タンパク低脂質の食品にも同じことが言える。
 
4.エネルギー不足を感じたら「ドライフルーツとドライナッツ
ドライフルーツ、特にレーズンに含まれるカリウムは体内で糖質をエネルギーに変える働きをする。ナッツに含まれるマグネシウムも新陳代謝、筋肉、神経にも作用し、エネルギーを作る助けをする。エネルギー不足を感じたときカフェインを求めてコーヒーを飲む人も多いが、砂糖が大量に入ったコーヒーは血糖値を上げるので、健康への弊害の方が大きい。
 
5.頭を使うときは「ブルーベリー
ブルーベリーの抗酸化作用は脳を守り、遺伝子の損傷を防ぐことができる。さらに言えば将来、老年性痴呆症やパーキンソン病にかかる危険性も低下させることができるそうだ。集中したいときはブドウ糖は間違いではないが、アイスクリームなど甘いものは体内のブドウ糖量に急激な変化をもたらし、却って注意力散漫になってしまう。注意が必要だ。
 
6.不眠には「ポップコーン
ポップコーンはセロトニンを分泌させるそうだ。セトロニンは人をリラックスさせる作用があるとされる「幸せホルモン」の一種だ。眠る30分前のスムーズな睡眠に導くだろう。

但し、ポップコーンは油分がないものを選ぶべきである。また、眠る前にホットミルクを飲むと良いとされているが、牛乳に含まれるタンパク質は覚醒作用があるので却って逆効果だ。脂肪分も消化を緩やかにさせるため、結果として眠りが浅くなる原因となる。
 
7.スッキリ起きたいときは「朝食に卵と全麦パン
卵はタンパク質の塊だ。朝に良質なタンパク質を摂ると一日元気でいられる。また本誌でもご紹介したが、アメリカの研究によると、朝食に卵を食べる人はバターとチーズを食べている人と比べ、1日の摂取カロリーが264キロカロリーも少なくて済むという報告もある。
 
8.酔い覚ましには「オレンジジュース
オレンジジュースに含まれる果糖はアルコールの代謝を25パーセント促進させる。またビタミンCも酒により細胞が傷つくのを防ぐことができる。炭酸飲料を飲むのはNG。二酸化炭素の摂取は酔いの感覚をさらにひどくさせる。
 
9. 風邪かな? と思ったら「朝鮮人参茶
カナダの研究によると、毎日400ミリグラムの朝鮮人参を摂取すると風邪にかかる確率が25パーセントも低下したという。また朝鮮人参には免疫細胞を増加させ、菌が体に入るのを防ぐそうだ。
 
10.いつまでも若さを保ちたいなら「ヒマワリのタネ
強い抗酸化作用を持つことで有名なビタミンE。実はヒマワリのタネは「ビタミンEの王」と呼ばれる。ビタミンEは、体内で細胞やDNAを傷つけるフリーラジカルを攻撃し、老化を防ぐ作用がある。ヒマワリのタネに含まれるビタミンEはその作用が特に優れているそうだ。ヒマワリのタネはハムスターだけの食べ物ではないのである。
 

参照:今日新聞網より


クリックお願いします
http://overseas.blogmura.com/newzealand/

Category:オークランド情報 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<スピーキングコース | HOME | $1 豚まん>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ecube1.blog47.fc2.com/tb.php/585-f1d3e0d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。