RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

電気会社の配当金?AECT ってなんだろう?

2011.10.05 Wed
こんにちは。
カウンセラーのSakuraです。


ニュージーランドに住んでると、年に1回、電気会社からお金がもらえる。



という、嘘のようなほんとの話があります。


といっても、もらえるのは全員ではありません。



では、永住権をもっている人?




いいえ、それも違います。






なんか、怪しい広告の煽り文句みたいになってきましたね。

この一般的に「電気会社からの配当金」をもらえるのは、
オ-クランドの一定の地域に住んでいて、特定の電気会社と契約している人になります。



いくらぐらいもらえるのか?



今年の配当金(Dividend)は$320でした。




実は、私はいままでフラット暮らしでしたので、
この配当金をもらったのは初めて。



小切手で郵送で送られてきたのですが、





あやうく捨てそうになりました。(´□`。)






一緒に送られてきたパンフレットを見ると、
このお金を配っているのはどうやら

AECT(Auckland Energy Consumer Trust)というところらしい。



じゃあ、これって何ぞや?と思い少し調べてみました。



AECTの前に、ニュージーランドの電気産業の仕組みから簡単にご説明。


電気は次のような形で消費者のところに送られてきます。


1.Generators (ダムとか、電気をつくるとこ)


2.Transmission (送電)


3.Energy Trust (AECTはここに当てはまります)


4.Line Companies ( Vectorなど)


5.Retailers (Mercury Energy, Contact Energyといった電気会社)



↓ここのページに詳しく図がのっています。
http://www.aect.co.nz/about-the-aect/history



私たち消費者が直接契約するのは、Retailersと呼ばれる電力会社。
ここが電気を直接販売しているわけではなく、この上にラインを管理する会社があって、
さらにその上にそのライン会社を管理する団体があって・・・という仕組みになっているようです。


AECTはVectorの株式の75.4%を保有する、いわゆる大株主。

今回の配当金は、VectorからAECTに支払われた配当金が、
Vectorのラインを使用している電力会社と契約している人々に支払われたものだそうです。





では、どのこ地域にすんでいればもらえるのか?
範囲はこんな感じ。



AECT-Map_o.gif


the Trust district of Auckland,Manukau and northern Papakura




そして、Vectorのラインを使っている電力会社には
下記のものが含まれます。


the Vector network

 Mercury Energy,
 Contact Energy,
 Energy Online,
 Bosco,
 Auckland Gas,
 BOLC, Genesis,
 Meridian
 Trustpower






いわゆる顧客サービスのひとつのようなものなのでしょうか。

なんか物知り顔で書いてますが、

「いやいや違うよ!こういうことだよ!」

と、詳しく知っている方はぜひご指摘下さい(´∀`)



詳しくお知りになりたい方は、AECTのホームページをどうぞ。

http://www.aect.co.nz/





ポチッとクリックお願いします。
ニュージーランド海外暮らしブログランキング



Theme:ニュージーランド | Genre:海外情報 |
Category:NZ生活情報 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ラグビー留学のすすめ☆ | HOME | 10月はIELTSコースが安い!?>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ecube1.blog47.fc2.com/tb.php/371-6bcba635

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。