RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

魔法の野菜!?ビートルート☆

2011.05.27 Fri
こんにちは。
カウンセラーのSakuraです。


本日は、ニュージーランドっぽい?野菜をご紹介。


その名も、ビートルート。



images.jpg





特にニュージーランドのみで食べられる野菜ではなく、
ヨーロッパなどでも広く食されています。



ではなぜこれがニュージーランドっぽいのか?



それは、ハンバーガーに入っていたりするからです。



マックが販売するキウイバーガーに、
ピクルスみたいな感じで入っています。



キウイバーガー、一時復活したと聞いた事があるんですが、今もあるんでしょうか?
マックには行く機会があまりないので・・・リサーチ不足ですね。




そのビートルートはこんな感じのお野菜です。



ビーツ/ビート/火焔菜(カエンサイ) 
[学名] Beta Vulgaris
[分類] アカザ科トウチシャ属
[原産地] 地中海またはアフリカ原産
[タイ語] บีทรูท (ビートルート)
[英語] Beet/Beetroot(英)

[歴史など]
有史以前から食べられている栄養価の高い野菜で、ホウレンソウの遠縁、
日本のサトウダイコン(甜菜/テンサイ)の兄弟です。
特に根を利用するものを「テーブルビート」と呼ぶことがあります。
ショ糖が含まれているので独特の甘みがありますが、
ゲオスミンという成分によって土臭さを感じることがあります。
また、大量に食べると尿や便が赤くなることがありますが、健康上の問題はありません。

[取扱いのポイント]
皮を剥いたりすると赤い汁が出て、まな板や手が赤くなりますが、
それほどガンコなものではなく、レモン汁などで洗えばとれます。


生のままではかたいですが、サラダなどで食感を楽しめます。
じっくり火を通すと甘味が増します。




生でもたべられますが、ゆでたりローストして
甘さがましたものも私は好きです♪



ただ、独特の土臭さや甘みは好みが別れます。


便秘や貧血にもよい、と言われている野菜なので
ニュージーランドに来た際はぜひトライしてみてください☆







ポチッとクリックお願いします。
ニュージーランド海外暮らしブログランキング




ご質問、お問い合わせはこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_contact/Itemid,3/

学校へのお申込はこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_chronocontact/Itemid,159


Theme:美味しいもの | Genre:グルメ |
Category:NZグルメ情報 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<英語+ヨガのコース☆ | HOME | NZでピルを買うには>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ecube1.blog47.fc2.com/tb.php/314-e7e8bc29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。