RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Visaの申請 Justice of Peace

2011.01.24 Mon
こんにちは。
カウンセラーのSakuraです。



今日はVisaのお話。



ニュージーランドでは、パートナーがNZのSudent VisaやWork Visaを
持っている場合、そのパートナーさんもVisaを取得することができます。

(取得できるVisaの種類は、パートナーさんが持っているVisaの種類によって
異なるので詳細は移民局のHPをチェックしてください)



それを「パートナーのサポートでVisaをとる」と一般的に言うのですが、
その際に必要となるのが、

Form for Partners Supporting Partnership-Based Temporary Entry Applications (INZ 1146)

という書類。


これは、visaのサポートをする人が、「この人のビザをサポートします」って
書く書類なのですが、この最後に、サポートする本人のサインと、

Justice of Peace (JP) のサインが必要になります。


JPとは、そのサインが本人のサインであることを証明できる資格を持った人達のこと。
これは移民局の書類以外にも、賃貸契約などの書類の時にも要求されたりします。

Work VisaやStudent Visaの申込書はただ本人がサインするだけでいいのですが、
このパートナーシップの書類【INZ 1146】は、JPの前でサインしなければいけないのです。


(ちなみに、日本から申請する場合、この作業は【認証(ニンショウ)】と呼ばれます。
日本のニュージーランド大使館で認証の手続きをしてくれます)


JPはイエローページなどで検索すると見つかりますが、
お近くにある Citizens Advice Bureau(CAB) でもOK☆
JPがいて、無料でサインしてくれます。


オークランド市内であれば、オークランド図書館の2階にCABがあります。
JPがいる時間帯は曜日によって異なるので事前チェックが必要です。

必要な物は、以下の2つ。

*サインしてもらう書類
(自分のサインと、JPがサインする部分以外を埋めていきます)

*自分のパスポートのコピー



ただ、オークランド図書館のJPは非常に混み合っています。
30分待ちなんてのもざらですが・・・
受付のお姉さんに言うと、順番待ちの番号をもらえます。

なお、この番号札は、順番になると鳴るので、図書館のどこにいても順番を逃すことはありません。



日本だと馴染みのないJPですが、
ニュージーランドだと必要となる場面がありますので、
どこでJPのサインをもらえるか、チェックしておくと便利ですね☆




ポチッとクリックお願いします。
ニュージーランド海外暮らしブログランキング




ご質問、お問い合わせはこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_contact/Itemid,3/

学校へのお申込はこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_chronocontact/Itemid,159








Theme:ニュージーランド | Genre:海外情報 |
Category:パーミット/ビザ/IRD/運転免許等 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<取材いってきました☆ | HOME | お土産にぴったりのチーズ ~Bay of Islands 旅行記~>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://ecube1.blog47.fc2.com/tb.php/269-dfa69db5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。