RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

OETとIELTS、どっちがいいの?

2011.10.13 Thu
こんにちは。
カウンセラーのSakuraです。


OET、IELTS、看護師や医療系でニュージーランドでの
就職を目指している方はよく耳にする単語ですよね。




IELTS(International English Language Testing System)
イギリス圏で広く使用されている英語力判定テスト。
ジェネラルとアカデミックの2つのモジュールがあり、
Reading,Listening,Writing,Speakingの4分野に分かれている。
スコアは0~9の0.5刻みで判定され、4分野の平均点をoverallと呼ぶ。




OET(The Occupational English Test)

オーストラリアで発展した、医療従事者向けの英語力を図るテスト。
形式はIELTSと似ていて、Reading,Listening,Writing,Speakingの4分野に分かれている。
医療従事者向けの英語テストのため、医療に関連したトピックが多く出題される。










E-Cubeでもよく留学のご相談できかれるのが、


「OETとIELTS、どっちがいいんですか??」



ということです。


これは、試験毎の特性やその方の英語力によっても
難易度は左右されるので、一概には何とも言えません。



弊社のお客様で、IELTSとOETの両方の受験経験が有る方が
丁度遊びにいらしたので、伺ってみたところ



「うーん、日本人にはIELTSのほうが向いているんじゃないですかねぇ・・・」



と答えてくれました。


その最大の理由が、医療英語のボキャブラリーに対する壁。
OETは医療従事者向けのテストになるので、
かなり広範囲で専門的な医療英語を知っている必要があるということ。


特にリスニングは、インド人やフィリピン人など、
英語ネイティブの場合はクリアできますが、
日本人でスコア「B」を取得するのはなかなか大変だそうです。


とはいえ、彼女は現在OETでチャレンジ中。


OETの場合は、医療英語のため、勉強仮定でも
将来の現場の仕事に役に立つことを学んでいるという実感が得やすいため、
モチベーションを保ちやすい。


そして、4セクションある中で、セクションを選んで
受けることができる、というのも一つずつ勉強していけばいいので、
彼女にとっては勉強しやすい、ということでした。



IELTSとOETのメリット&デメリットをまとめるとこんな感じ。



IELTS


メリット:
 *対策コースを設定している学校がたくさんあるので、
 自分の予算や希望にあった学校を選ぶことができる。
 *新聞などからも、IELTSで出題されるボキャブラリーを
 学ぶことができる。
 *試験結果が2年有効


デメリット:
 *毎回テストで4セクション
 (リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)を
 受けなければならず、集中力が必要。



OET

メリット:
 *試験対策のなかで、実際の仕事で役立つ英語を学ぶことができる。
 *セクション毎に選んで試験を受けることができる。

デメリット:
 *受験料がIELTSよりも高い。
 *試験結果の有効期間が1年間



お客様の中には、「OET」のほうが勉強しやすい!
という方もいらっしゃるので、どちらがいい!とはほんとに一概には言えません。



ただ、OETコースは入学条件としてIELTS6.0程度を
必要としているところが多いので、
もし現在の英語力がそれ以下、ということであれば
IELTSから勉強をスタートさせることをオススメしています。


語学学校の中には、IELTSコースとOETコースの両方を
持っている学校もあるので、
そのような学校で、ご自身の語学力や試験との相性を考慮して
コースを選ぶという留学スタイルもよいかと思います。




OET、IELTSコースの学校をお探しの方、



詳細は、








【イースクエアのSakura】までお問い合わせ下さい。


ポチッとクリックお願いします。
ニュージーランド海外暮らしブログランキング




ご質問、お問い合わせはこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_contact/Itemid,3/

学校へのお申込はこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_chronocontact/Itemid,159




スポンサーサイト
Theme:海外留学 | Genre:学校・教育 |
Category:OET/看護士向けコース | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ニュージーランドでOETコース☆生徒さんの感想

2011.07.28 Thu
こんにちは。
カウンセラーのSakuraです。



ニュージーランドで看護士登録をするには、
看護士の資格はもちろん、


厳しい英語基準を満たさなければなりません。


ニュージーランドで看護士として登録するには、
英語が第一言語でない方は、




IELTSのアカデミックモジュールで、
各分野7.0以上のスコア 




OETというテストで、各分野B以上 を取得する必要があります。



ところで、このOETってなんでしょう?



OET(The Occupational English Test)

オーストラリアで発展した、医療従事者向けの英語力を図るテスト。
形式はIELTSと似ていて、Reading,Listening,Writing,Speakingの4分野に分かれている。
医療従事者向けの英語テストのため、医療に関連したトピックが多く出題される。





医療に関連した英語が中心となるため、
既に看護士として働いた経験を持つ方には
今までの知識を生かすこともできるため、人によっては

IELTSより受けやすい。とも言われています。



今年の初めから、6ヶ月OETコースに通われたお客様から、
こんな感想を頂きました!



******************************

*お客様からのコメント(Edenz College/ OET course/ 6 months)


日本で看護士をしていて、ニュージーランドに来ました。
元々IELTSを勉強していましたが、OETの方が
医療に関する英語も勉強できるため、今年の1月よりEdenzで勉強を開始しました。

Edenzでは、英語の先生と実際の看護士の方が教壇に立ち授業を行います。
月・水・金のWriting,Reading,Listeningの先生は実際に看護師ではなく、
ロシア人の英語の先生ですが、とてもわかりやすく、OET試験対策だけでなく、
必要な文法や覚えていたほうがいい言い回し、単語など、幅広く教えてくれました。
また、授業も楽しく過ごせました。

火、木はSpeakingとNursingのクラスですが、これは実際にNZの看護師による授業です。
その先生自体、教鞭に立つのは初めてという事もあって、
当初は生徒からの不満もいくつかありましたが、
学校側に伝えることで、不満点は改善されていき、最終的にこちらも
学ぶことの多いクラスになりました。


IELTSかOETか、どちらが良いかはその人次第ですが、
私はOETのほうが、今後の仕事に関連した英語を学べるので、
勉強していて苦ではなかったです。


学校に通うことで、英語だけではなく、
実際の医療現場の話を聞くこともでき、また
同じようにNZで看護士登録を目指す友人もたくさんできたので、
とても充実した6ヶ月だったと思います。


******************************



今年のOETコースの入学は、残すところ

9月12日と11月7日
のあと2回です!



OET Preparation Course

☆8週間から申込可能
☆入学にはIELTSのスコア(6.0以上)が必要となります
☆IELTSのスコアが満たない方は、IELTSコースと組み合わせたクラスも
あるのでお問い合せ下さい。

☆8週間・・・$2,560+入学金
☆24週間・・・$7,680+入学金



無料トライアル
も受け付けております。









コースの詳細は、






【イースクエアのSakura】までお問い合わせ下さい。


ポチッとクリックお願いします。
ニュージーランド海外暮らしブログランキング




ご質問、お問い合わせはこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_contact/Itemid,3/

学校へのお申込はこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_chronocontact/Itemid,159


Theme:海外留学 | Genre:学校・教育 |
Category:OET/看護士向けコース | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

看護師を目指す方に☆OET Preparation Course

2010.08.07 Sat
こんにちは。
カウンセラーのSakuraです。



ニュージーランドで人気の職種 看護師


日本で看護師の経験があって、ニュージーランド移住を目指して
いる方、少なくありません。


そんな方におススメなのが、コチラのコース。


【OET Preparation Course】


OET(Occupational English Test)は、ニュ-ジーランドのMedical&Health Care業界において、
英語が母国語でない方のために、英語能力を判定するテストです。



ニュージーランドの看護師協会が定めている登録資格は、
IELTS7.0以上、もしくはOETの各セクションで「B」以上を取得すること。

OETは医療業界専門の英語テストのため、
看護師登録を目指す方に注目されているテストです。


OET準備コースを持っている学校を2校紹介します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆Auckland Goldstar Institute


OET準備コース

・月~金/9:00~13:00/週20時間
・入学条件、Intermediate 以上の英語力
毎週月曜日に入学可能



8月限定スペシャルプロモーション


☆5週お申込 + 1週間Free
 
 →合計 $1260($201/pw)

☆10週間お申込 + 2週間Free
 
 →合計 $2500($208/pw)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆Edenz College


OET準備コース

・月~金/13:15~18:00
・13:15~15:15 English for Nursing
・16:00~18:00 OET Preparation
・入学基準 IELTS6.0以上
・授業料 $320/週(5週間以上からお申込)
・入学金 $100

・入学日:9月13日、10月18日、11月22日

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AGIさんでは、OETのみをリーズナブルな価格で集中的に
学べるようにコースを提供。


Edenzさんでは、OET対策の他に、看護師として使う英語を
学ぶ内容を授業に組み込み、まさしく看護師を目指す方向けの
コースとなっております。


学校見学は随時受け付けておりますので、


お問い合わせは【イースクエアのSakura】までお気軽にどうぞ♪





ポチッとクリックお願いします。
ニュージーランド海外暮らしブログランキング




ご質問、お問い合わせはこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_contact/Itemid,3/

学校へのお申込はこちら
http://www.ecube.co.nz/component/option,com_chronocontact/Itemid,159






Theme:海外留学 | Genre:学校・教育 |
Category:OET/看護士向けコース | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。